へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤字財政(あかじざいせい)

税収などの経常歳入が、経常支出および公共投資を下回っているコンディション。不足分はその分だけ国債などの公債発行により賄われる。以前の古典派経済学では、マーケット機構による自動調整作用を前提にして、財政上も「バランス予算主義」という正統主義を形成してきたが、ケインズ経済学では、マーケット?メカニズムが有効に働かず、非自発的失業が存在したり超過需要インフレーションが発生するコンディションでは、政府は赤字ないし黒字財政によってまめに有効需要を調整する不可欠があるとして、裁量的財政政策の意義を認入れいる。民間投資が利坊主率に非張り的であったり、貨幣需要が利坊主張り的であるほど、金融政策によって景気を拡大することは困難であり、財政政策(フィスカル?ポリシー)が不可欠とされる。また、貨幣賃金率が伸縮的であれば、一時的失業は存在してもやがてマーケット機構により調整されるが、労働組合の圧力や最低賃金法などにより賃金が硬直的な時には、失業があっても貨幣賃金率は十分下がらず、財政政策が不可欠とされる。さらには、たとえマーケット?メカニズムが働くとしてもその調整スピードが遅い時には、やがては失業が解消し景気が回復するにしても人々は長期にわたって失業を甘受しなければならないことに入るので、財政政策が容認される。なお近頃、このようなケインズ主義的財政政策の有効性に対して、疑わしいが提示されている。


スポンサーサイト

アセット?マネジメント(あせっとまねじめんと)

財産assetを能率よく管理?運用managementすること。株式、債券、預貯金、金などの気品物や不動産などの財産全般を対象に、投資先を分散することで安全性を確保しながら、投資利回りを最大化する目的をもつ。狭義には、財産の管理?運用を代行する業務一般をさす。現代ポートフォリオ理論modern portfolio theoryを活用し、預貯金や金などの安全財産と株式などの危険財産への分散、円、ドル、ユーロなど内世間通貨建て財産への分散、短期財産と長期財産への分散などで、打って付けな投資先の組合せ(ポートフォリオ)をつくることを意風味する。同場合に、会計制度に合致した財産の打って付け評価や、運用原価の低減?能率化も求められる。

昼間の場合間本の社会資本は、第二次世界大戦後の高度経済発育期に急速に整備されたこともあり、老朽化した道路、橋、トンネルなどの維持管理が大切な課題となっている。このため、政府や地方自治体で、公共インフラを能率よく管理し、低原価で維持?補修?新築していく公共施設のアセット?マネジメントという概念が導入されるようになっている。


安価な政府(あんかなせいふ)

個人の人権や気ままを制限した断然主義国自宅と、大衆の高労力で植民地統治や植民地貿易を推進した重商主義政策を批判して、レッセ?フェール(気まま放任主義)を言い分した、ヨーロッパの市民革命思想や古典派経済学が理想と考えた政府像を端的に表現した用語で、チープ?ガバメントcheap governmentの翻経緯語である。その言い分の内容は次の2点に要約される。

第一は、政府による経済活動への介入の制限、すなわち、政府が特定産業などを保護したり規制したりするような経済活動への介入は、行うべきではないということである。こうした介入は、個人の気ままな経済活動や気ままなマーケットの機能を阻害し、収入(利益)の文句等などを生み出すので、資源の能率的配分が実現せず、経済の天然な釣り合いがとれた発展を遅らせることに入る。したがって、政府の役割は、スム一ズな経済活動の前提条件である「個人の生命と資産の保護」に不可欠な、司法や国防(いわゆる夜警国自宅)と若干の公共事業に限られるべきである、とする。

第二は、大衆労力の軽減である。大衆による高額の租税労力は、民間の資本蓄積を遅らせて経済の発育を障害るので、政府財政もできる限り縮小すること、すなわち、「安価な政府」が望ましいということである。


自宅産国自宅(かさんこっか)

中世の領主国自宅のように、国自宅は領主の私用世襲資産であるとみる政治共同体。ここでは、領土や領民は領主の私有物、財政は領主の私用所得、戦争は領主の私事とみなされ、その統治は断然的であり、領民の気ままはほとんど認められない。自宅産制の語はスイスの政治自宅?国法学者ハラーの『国自宅学の復興』6巻(1816~25)に由来する。彼はルソーの政治思想に逆し、封建秩序の維持を唱えて自宅産国自宅論を展開。したがって、この国自宅論は小さな分邦国自宅としての領主国自宅を基礎づける理論とは入るが、近代国自宅の前段階としての馬鹿でっかい中央集権的断然主義国自宅の理論づけとしてはかならずしも適当ではなく、あまつさえや個人の気ままや民主的政治制度の確立を前提とする近代的な市民国自宅にとっては敵対理論と入る。自宅産国自宅、自宅産制、自宅産官僚制などの語は、マックス?ウェーパブが統治の三種型(適法的?伝統的?カリスマ的統治)を分種したとき、自宅産制的統治を伝統的統治の一型態として位置づけてから社会科学用語の一概念として注目されるようになった。


官房学派(かんぼうがくは)

カメラリスムスともいう。17~18世紀のドイツ、オーストリアの領邦制のもとで発達した行政、財政、経済政策の包括的政治思想の体系。






目次



官房学派


プロフィール

行財政,財政,財政とは,保険,車 保険,クルマ保険,金融,サラリーマン金融,貸金融

Author:行財政,財政,財政とは,保険,車 保険,クルマ保険,金融,サラリーマン金融,貸金融
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。